安全な方法で、安全にします。

Stacks Image p138496_n3

AGUA-A2000

株式会社アグアジャパンの内部浸透型アスベスト除去剤 AGUA-A2000をご紹介します。

AGUA-A2000 とは

AGUA-A2000は、株式会社アグアジャパンが開発した内部浸透型のアスベスト除去剤です。アスベスト除去工事における飛散の抑制(湿潤)および除去後の飛散防止処理に最適です。レベル1からレベル3のあらゆるアスベスト除去工事に対応します。

AGUA JAPAN ならではの無機・無臭の一液性水性除去剤で、高い浸透性や優れた飛散防止力と施工の簡便性・安全性を両立。作業される方はもちろん、周辺の住民や通行人の方に対する負荷をも効果的に低減します。

AGUAシリーズは「水性無機系の石綿飛散防止剤」として、国土交通省による NETIS(新技術情報提供システム)に登録されています。【登録番号:KT-120122-A】

除去工事に
飛散防止に
内部浸透型
Stacks Image 18230
Stacks Image 18232

AGUA-A2000 製品性状

白濁色
容量
16kg
主成分
金属ケイ酸塩
pH
11±0.5
粘度(mPa・s)
3.5±1
比重
1.04±0.05
ホルムアルデヒド放散等級
F☆☆☆☆(登録番号 1207003)

LOADING

AGUA-A2000 施工手順

AGUA-A2000は、以下の手順で施工して下さい。

  • STEP1

    飛散抑制剤の準備

    まず、AGUA-A2000 の原液使用量を算出します。

    原液使用量(kg) = 0.067 x 厚み(cm) x 除去面積(m2)

    事前に試験施工を行った上で、5〜10倍の範囲で希釈倍率を定め、水で希釈します。使用時には十分に撹拌して下さい。

  • STEP2

    吹付+アスベスト除去

    エアレススプレーで吹き付け、アスベストを除去します。なお、AGUA-A2000 は粘性が低いため、場合に応じて、農業用の散布機などでも吹付可能です。

  • STEP3

    粉塵飛散防止剤の準備

    除去作業後の除去面ならびに養生シートへの吹付に先立ち、原液使用量を算出します。

    原液使用量(kg) = 0.1 x 除去面積(m2)

    AGUA-A2000を用いた場合は、無色半透明の仕上がりとなります。白色仕上げにしたい場合、および鉄骨面の白色仕上げには AGUA-HAC1を使用して下さい。

  • STEP4

    粉塵飛散防止剤の吹付

    除去された面および養生シート面に AGUA-A2000 または AGUA-HAC1 を均一に吹き付けることで、粉じんの飛散を防止します。

  • STEP5

    完了

    これで完了です。

AGUA-A2000よくある質問

株式会社アグアジャパンのアスベスト処理剤 AGUA-A2000 について当社によくお寄せいただく質問をまとめました。 この中にないご質問は、お気軽にご相談・お問合せください。

  • AGUA-A2000とはどんなタイプの処理剤ですか?
    AGUA-A2000はアスベスト除去剤です。アスベスト除去前の湿潤剤としてだけでなく、除去後の飛散抑制剤・養生シートや防護服等の飛散抑制剤としても使用可能です。
  • 処理剤の塗布後すぐに飛散防止の効果が出るのでしょうか?
    速乾ではありませんが乾燥養生時間は短く、塗布後約一昼夜(常温で24時間)放置していただくようにお願いしております。例えば、封じ込め処理の場合には、24時間の乾燥後、発注者の立会いのもとに検査をしていただき、問題がないことを確認していただきます。
  • 以前使っていた処理剤では散布機械の目が詰まり機械が壊れてしまいました。散布機械等の目詰まりによる故障に関してはいかがでしょうか?
    弊社の処理剤は水性なのでこれまで散布機械の故障の報告はありません。使用後の簡単な洗浄で目詰まりの防止ができます。ただし、乾燥すると硬化して水洗いできなくなりますので、作業終了後は必ず使用機材を直ちに水洗いしてください。
  • 処理剤が直接肌に触れた場合どうしたらいいですか?
    水性の無機処理剤なので直ぐに水道水で洗い流して下さい。 pHが高いので直ぐに洗浄しないと肌荒れすることがあります。
  • 取扱う際に注意することはありますか?
    凍結しないようにしてください。いったん凍結すると性能が失われます。5℃以下にならないよう、必要に応じて暖房してください。また、アルカリ性ですので作業中は酸と混ざらないようにしてください。尚、使用後の廃液や残液につきましては、廃アルカリとして産廃処理していただくようお願いしております。未開封・未使用の缶の処理については弊社へご相談ください。
  • 購入単位はどれくらいですか?
    1缶 16kg 入りです。
  • 1平米あたりどの程度使用しますか?

    除去処理には、AGUA-A2000 原液使用量(kg)=0.067(kg/㎡・cm)×厚み(cm)×除去面積(㎡)を目安としてください。希釈倍数は 5〜10倍(原液:水の比率が 1:4〜1:9)の間で定めます。吹き付けアスベストの厚みを30mm、希釈倍数 10倍とした場合、吹付面積1平方メートルあたり0.2kg の原液使用量となります。

    除去後・養生材などの飛散抑制処理には、希釈せず原液のまま使用します。この場合の使用量は1平方メートルあたり 0.1kg が目安となります。

    最適な使用量は現場の状況によっても異なります。また、使用に先立っては必ず試し吹きをして下さいますようお願いいたします。

  • どの程度の期間保管できますか?
    直射日光を避けて密閉して室温(5℃~40℃)で保管すれば、製造後1年保管可能です。ただし、開栓使用したものは除きます。
  • 処理剤だけの販売でしょうか?施工などもできますか?
    もちろん、打合せ・現地調査・施工お見積もり・届出・施工までオールインワンでのお引受が可能です(施工業者は弊社提携業者となります)。施工についても弊社にお問い合わせください。詳細は ソリューション / アスベスト処理のページをご参照下さい。
  • アスベストは誰でも処理できますか?
    業者には石綿作業主任者(労働安全衛生法に基く技能講習)などアスベスト処理ができる資格が義務付けられています。主任者資格を有しない作業員は一定時間の石綿取扱作業従事者特別教育を受講し、修了書を取得しないとアスベスト関連の現場作業にはたずさわることができません。また、アスベストの廃棄には特別産業廃棄物管理責任者の資格が必要です。 このほか、作業にあたって遵守しなければならない法令や規則もございます。作業員のみならず、周辺の皆さまの健康や安全にかかわりますので、専門の業者にお任せ下さるようお願いいたします。

アスベスト処理剤製品チャート

クリック・タップすると製品のページに移動します。

除去に
飛散抑制
A2000

お問い合わせ

アスベスト除去剤 AGUA-A2000 についての お問い合わせは株式会社アグアジャパンまでどうぞ。

こちらもどうぞ